生田斗真氏終於也要去詐欺別人了嗎?

 

生田斗真が化粧品インチキセールスマン?

俳優生田斗真(24)が映画「シーサイドモーテル」(来年公開、守屋健太郎監督)に主演することが9日、分かった。岡田ユキオ氏が手掛けたコミック「MOTEL」が原作で、山間部にある「シーサイドモーテル」を舞台に、クセのあるカップルらが訪れた一夜を描いた群像劇。生田は口がうまい化粧品のインチキセールスマンを演じる。守谷監督は生田の起用について「コメディーを演じられる、若く、勢いのある役者だからピッタリだと思った」と説明した。

 

繼人間失格後,斗真又要演新電影了(所以現在是要往影帝之路邁進就是了)
「シーサイドモーテル」,改編自岡田ユキオ的原作漫畫「MOTEL」,斗真飾演的角色是「インチキセールスマン」,インチキ的意思帶有詐欺、假的的意思,所以他要開始賣起假的化妝品了。不過故事內容其實大概跟詐欺沒什麼關係,只不過他是這個角色定位罷了,因為他會在motel裡愛上一個電話應召女郎(女主角:麻生久美子)。

是說斗真的新頭我頗為期待,究竟是會讓讚賞呢?還是會繼續讓我唾棄呢?

 

下面有另一則新聞以及我個人的胡言亂言敬請慎入

 

我是很高興生田斗真氏又有新作品,不過現在是怎樣?連兩部電影都是這種型的....雖然我沒看過原作漫畫,不過詐欺師和電話應召女郎的愛情故事我真的目前看來沒什麼興趣,而且個人對於麻生久美子實在是沒什麼fu...

算了,反正生田斗真氏的想法不是我能理解的,他開心就好,我只希望他如果再接下一部電影,可不可以不要再接男女關係那種的...友情的、親情的、推理偵探、懸疑的、恐怖片我也可以接受,範圍很廣嗎,不用一直走這種向,我只能說他現在的兩部電影我真的都沒有除了為了他本人以外而有想看的fu。

 

イケメンブームの先駆けとなったTVドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」への出演や、映画『人間失格』での主演と、人気絶頂の生田斗真が、映画『シーサイドモーテル』で、インチキ化粧品を口八丁で売りつけるセールスマン役として主演を務めることがわかった。

本作は、「別冊漫画ゴラク」に連載されていた岡田ユキオ原作「MOTEL」を基に、「シーサイド」という名のモーテルに、さまざまな男女が集まり、微妙に交錯しながら小さな幸せを見つけようとする群像劇。監督は、『スクールデイズ』に続いて本作が2作目となる守屋健太郎、共演には、コールガール役として麻生久美子が決定している。

本作への出演に対し、生田は「僕が演じる主人公はインチキクリームを売りさばく詐欺師で、モーテルで偶然出会ったコールガールに恋をしてしまう青年です。豪華なメンバーと作品を共に出来る事を楽しみながら演じていきたいです。監督からは好きに遊んでくださいと言われました。本気で遊びます」とコメント。監督は、生田、麻生のふたりに対し、「斗真くんは口八丁手八丁でインチキ化粧品を売りつけるセールスマンの役なのですが、今までにないこの軽薄なキャラクターを楽しみながら演じてくれています。すでに衣装合わせの時には主人公・亀田に成りきっていて、数日前まで太宰治の作品をやっていたとは思えない豹変ぶりでした。麻生さんに演じてもらうのは三十路前の人気のなくなったコールガールの役です。斗真くん演じる亀田を翻弄する存在で、どこまでが駆け引きの言葉で、どこからが本音なのか、なかなか本心が見えにくい難しいキャラクターなのですが、とても絶妙なバランスで演じてくれています。ふたりのユーモラスな掛け合いは本当に見物だと思います」とコメント。ふたりはこれまでにない意外なキャラクターを、本作で見せてくれるのではないだろうか。

撮影は8月30日からグアムで撮影中。公開は2010年を予定。

 

 

是說既然斗真要往電影界發展,那我可否期待一下和山下的共演有成真的一天?
反正電影的尺度比較大啊,日劇不行的東西電影就比較有機會了吧??

好 純粹是我個人的怨念....

トマト 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()